2020/01/24

Fun house (徳島の家)


徳島市にて鉄骨二階建て(築35年)のリノベーション工事を行うことになりました

住宅の構造は、大きく分けると
木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造
に分かれます。

鉄骨造は柱の位置や開口部に気を付ければ、比較的間取り変更はしやすい構造です。

弱点としては、
①断熱がまるで施されていない
②屋根が平坦な陸屋根のため防水施工が必要
③窓廻りの防水が不十分。


住宅改修の中でも比較的費用が多くかかってしまう、
屋根・外壁・防水・サッシ交換が必要となるケースが多いので注意が必要

今回はその弱点を中心に改修計画を作成しました。





さて施工前の様子です。


こちらは外観正面






古い建物の良さは個性。
いまではなかなか見ないデザインが多いのは、経済背景もあると思う。35年前は日本はバブル経済前期。品質の良さよりもそれまで使われなかった新しい素材を使うことが多い。

ここの庇に使われている洋瓦もこの当時から多く見るようになりました。








こちらは外観側面




そういえば先日OPENHOUSEに来られていたお客様との会話のやり取りで、

お客様「中古住宅って開けてみないとわからないんじゃないです?」
私「外観見ればホボわかりますよ。」

例えばこちらの外壁見ると、
雨水が侵入してると感じる箇所が2か所あります。

もちろん、漏水により建物の影響がないことを願いますが(;^_^A









1階室内




建設当時は店舗として使う予定だったようですが使わくなって物置化していました。
使わなくなった店舗はシャッターをしめて、外から見ると寂しい感じがする。

住んでいるとなかなか気づかない建物の良さを表面化させ喜んでくれると嬉しい。なによりこの仕事の醍醐味はそこにあるといつも思う。









2階室内




この窓から見える店舗の駐車場。
このままでは室内が丸見えになってしまうので、窓の位置と大きさは変更する予定。

窓の位置の設計は明るさと風通しを考える上でとても大切だけど、外から部屋の中が見えない工夫も必要。上手に設計すると乱暴にカーテンをつける必要もないし、部屋を広く見せることもできる。







2階洋室





すっかり空っぽになっていますが、以前はピアノ教室として使っていたようで吸音ボードを張っています。








2階和室





「明るい部屋なのにとにかく寒い」と施主様
断熱材がなく窓もシングルガラスなので、風を防げる程度ですから無理もありません。

近年、住宅のエネルギー使用量を抑えるため断熱性能が求めらるようになりましたが、35年前に比べこんなにも快適性が違いうのかと実感してもらえるようなリノベーション工事にする予定。

さらに、今回は”楽しい家”をスローガンに設計してみます。
”Fun house”

どうぞお楽しみに♪




good for living
t.yokozeki


2019/12/27

マウンテンビューとお守り(徳島の家)


新築中の徳島市W様邸
気づけば棟上げから更新していなかったです(;^_^A




こちらは1階寝室、
断熱完了時




吹付断熱

これからの家づくりに、性能面で一番求められる断熱性はいつも強くお勧めしています。





暖房器具をつければ解決できるのでは?
と聞かれますが、これは間違い。

室内間の温度差と、足元と頭付近で温度が違う温度ムラ。
これがよくないのです。




暖房器具は部屋全体を温めるのに不向きですし、断熱性能が低いと室内で温度が高いところと低いところのムラが発生しやすくなります。

寒い季節、寝室が寒いとなかなか布団から出るのが億劫になりますが、
断熱性能をあげると布団から出やすくなると思う^^





こちらは2階LDK



うん。
温かそう^^




正面に見える窓が南側につけた窓。
それを背にして対面キッチンになります。


天井は勾配天井で、、

見てもらったほうが早いですね(;^_^A







こちらが現在。



大工工事もおわり、
部屋の輪郭もはっきりしました。

キッチンカウンターの腰壁にヘリンボーン
かっこいい!



2階のLDKは床まである大きな窓を設置できなく、部屋が狭く見えてしまうから一工夫

天井は勾配天井、高さが出る。
部屋を広く見せるために窓の大きさと形状にも配慮してみました








映画好きな旦那さんのご要望はTV周辺

こちらはそのTV設置場所になります




TVボード置かずに壁掛け。
機器類はTV周辺におかず、別の収納棚に。

ごちゃごちゃしがちなTV周辺もこれでスッキリ。









W様が、
この土地を気に入った理由がとてもわかるスペースを作りたかったので、提案してみました。


それがこちらです。




ダイニングから見えるマウンテンビュー

窓側には小さなカウンターも設置して小物置いたり、窓越しにコーヒー飲みながら景色を楽しむのもいい、素敵な場所。

遠くには色づいた山の森
手前はもう刈り終わったけど、田んぼが広がる。


春には水が貼られて、夕方はキラキラと映し出す水面の明かりが室内に届く。

初夏には緑色のじゅうたん。

秋には穂を垂らした黄金色の畳
これも夕日をうけて金色に光る。


もちろんカーテンはつけることになるけど、開ける時間がすこしでも長くなればいいなと思って設計してみました。






さて、
工事も終盤に近付くと今まで打合せしていたことを思い出す。

「病院で子どものアレルギー検査をしたら基準値を上回る結果になって。なにか対策したほうがいいですか?」
と奥様。


アレルギーに具体的な対策は難しいけど、
①化学物質の使用軽減。使用する際は基準値以下
②天然材の使用
③換気の向上。風通しの考慮

この3つは特に気を付けて設計している。


①は現在仕上げに使われる住宅建材は基準値以下でないと流通しないので過度な心配はしなくていいと思う。壁面にクロスでなく左官壁などにすると効果がとても見込めるけど、費用がかかる。


②これは床を無垢材に変えることが効果がすぐに出る。
今回も無垢フロアを提案させていただきました。


③間取り計画時に特に重要。風通しは窓の形状でも大きく変わるから、デザインや見た目だけで決めるのはもったいない。




それでも心配な時は、






このピンク色の石こうボードを使うようにしている。
化学物質ホルムアルデヒドを吸着してくれて、人体への影響を緩和してくれる材料ですが、これをしておけば安全ではなく、あくまでも気持ち面への配慮として提案。

「お守り」と思ってくれると嬉しい。




good for living
T.yokozeki





2019/12/25

引き渡し後の記念撮影会(阿南の家)


今年は暖かい日が続きましたが、
年末も近づくと寒い日も多くなってきました。


寒くなる前に引き渡し、引っ越しを終えることができた阿南のF様宅に、引き渡し後の記念撮影会でお伺いしてきましたよ ^^




完成後、新しい家を楽しむご家族。
いつも撮影をお願いしているカメラマンと一緒に玄関を開けると出迎えてくれたのは、



サンタさん。


小物も飾られて、
住まいを楽しんでくれることが伝わってきます^^







引き渡し後、ご不便をかけているところがないか点検かねて室内をチェックしていると、撮影会がすでに始まっていました(;^_^A



いつもながら、手際がいいカメラマン♪




「日中はほぼここで過ごしてます。休日は食事を満喫。」
とF様


最近寒い日が多くなったのに日が差し出すと暖房もいらないくらい暖かくて過ごしやすいと喜んでくれてます。

窓の位置や庇の高さガラスの種類などが、設計通りの効果をもたらしてくれていることが確認できて良かったです^^





最後は、室内をバックに記念撮影





スマホのカメラが使いやすくて写真を撮ることが増えたけど、
カメラマンに頼んで撮影してくれた写真は、子供の自然な表情をとらえていて、あとから見返すと楽しくなる。

これから毎年、定期記念撮影会をお伝えしてお別れしました^^




good for living
T.yokozeki