2021/06/01

S様邸 新築工事(鳴門の家)

 5月22日(土)

梅雨の晴れ間の中、鳴門市で行なっている新築工事の棟上げが無事終わりました。


「5月ならまだ梅雨に入ってないので、良い天気のもと棟上げできますよ」

とお伝えしたのは今年の1月ごろ。ところがその梅雨が今年に限って駆け足でやってきたのでビックリ。


1週間前の天気予報で、棟上げ当日の降水確率は70%  いつもなら中止にするところですが、お施主様のご主人さんがとても頼れる「晴れ男」。これは大いに期待したい! お子様も当日が晴れるように毎日空を眺めてくれた結果、なんと棟上げ当日は雨は降らず絶好の棟上げ日和!(嘘みたいなホントの話(^^;;  )



当日はお施主さまのお知り合いや親族さまに棟上げを祝ってくださいました。



















お客さまそれぞれご希望のお家は違うけど、棟上げの時にもつ晴れ晴れとした気持ちは皆さん同じと思うし、我々作り手側も同じ気持ちになれる。



S様のお家の特徴は、

「スキップフロア」で間仕切る各スペース


S様との打合せがスタートしたのは昨年の10月

その少し前におこなった、OPENHOUSEに来てくださったのが最初の出会い。


「建築希望の土地は購入したのですが、建物の形状がなかなか決まらなくて。”いえにわ”さんの風と光を取り込む建築設計に興味がありました。」

いえにわを選んでくれた理由を最初に聞けたのが、基本設計の大きな方向性を決めた。


S様がお家に求めるものは、

「朝日で気持ちの良い日をむかえ、夕日を愛でる一日にしたい」

敷地の形状や近隣の建物の位置によって、朝日を家の中に取り込むことに苦労することが多いけど、今回はその朝日に加え夕日もとの希望。これはなかなかムズカシイ(^-^;


解決策として提案したのは、

「LDKを中二階に設置するスキップフロアで間仕切る部屋」


家を設計すると、1階・2階といった具合に部屋を提案することが多いけど、明るさや風通しを追求するなら、各部屋の床の高さに変化を持たせることがいい。部屋も広く見せることができるし、目線があちこち移って、部屋の表情もいろんな角度で見れるので住んでいて楽しい。


気をつけなきゃいけないのが、扉で仕切らないので空間が広くなり、音や声が響いてしまうこと。

「家族がどこにいてもなんとなく感じ取れる雰囲気のほうが好み」とS様

だったら、デメリットは解消されるのでスキップフロアをつかった間取り提案することにした。





棟上げ日にはすでにその骨組みはできあがった。

これから完成に向けて、室内装飾に加えとても大切になるのは、窓から見える庭木の様子。


S様にはこちらもどうぞ楽しみにしていてくださいと伝えて、自分でハードルを上げてみました^^



T.Yokozeki








2020/09/28

テレワークできる小さなリビング+α


在宅勤務
テレワーク
リモート

今年からよく聞くようになった言葉。


ところが、
「旦那が家にいることで喧嘩が増えた」
自粛規制が続いた今年春、社会問題に発展したのは驚いた。

もともと、在宅勤務できるように設計されていない間取りなので、仕方ないと思うけど、これから新築を考えられている方、在宅勤務が増えた方へ参考になればと思い、洋室6帖を在宅勤務しやすいよう本棚と机を作ってみた。




こちらは施工前



どこにでもある洋室です^^






大工さんと2人、
パタパタと組み立ててみましたよ








木の質感を好まれる方はこのままクリア塗装で仕上げるといいと思う。






物を置いたり、本を並べたりすると、色があるほうが映えるので塗装してみた。








塗装するだけでも表情を随分と変えるから、自分好みの色を見つけるのも楽しい♪





さて、
あとは使うものを並べてみると。。








できました^^







これだけだと書斎になっちゃうので、
小さなソファーをおいてリビングの機能も持たせてみました。




ソファーに座って、モニターを前において、
リモートもできそう^^





視線を窓にむけると。。



外の景色が楽しめる、
ピクチャーウインドウ。



窓の配置を少し考えるだけで広く見えるから、
設計って楽しい^^




T.yokozeki










2020/08/13

Fun house(徳島市) 完成しました♪




先月無事完成した鉄骨二階建てのリノベーション工事。
オープンハウスではたくさんのお客様にご来場いただきありがとうございました。







ポーチ:
オリジナル玄関扉と外壁のレンガとの組み合わせが印象的






玄関:
タイルでかたどられたALOHAが、招かれている気持ちが伝わります。



ロッキングチェアの正面には、



ダルマストーブ。
アンティークショップで購入したものに煙突をつけてみた。
この冬は活躍してくれそう^^






階段:
タモの木目はきれい。
階段は必ず目が留まるところだから木目がきれいと他も印象がよくなります。






キッチン:
壁面はモルタル仕上げ。アンティークな雰囲気も取り入れたかったので、照明をアクセントに。





リビングダイニング:
大きな窓から光が入ってとっても明るい。明るさを調整するために北欧カーテンを設えました。白でまとめると単調な雰囲気になりがちなので、大きな葉柄を提案。





畳コーナー
最近、畳の需要が増えてきたように思う。
小さな子がいらっしゃるご家庭なら寝かせつけに一役買います^^





小さな階段があらわれました。
ここは。。




ロフト:
お子様のお城です^^
正面には作り付けのデスクスペースを設けてみました。


見下ろすと



さっきのリビングダイニングが丸見え。
高いところから下をみるとこんな風に^^




ロフトからはボルダリングを使って降りることもできます。下に見えるのはさっきの畳スペース





洗面スペース
大きめのタイルと大きな洗面台。お子さんと一緒に使えるように踏み台も設けてみました。





バルコニー
リビングからつながるバルコニー。
床はビスが見えなくな方法で固定するとすっきり見える。
日当たりもよくて洗濯物もよく乾きそう^^





とても広くてゆったりしている。
テーブル置いて、椅子ならべて、
珈琲飲みながら、休日の良い午後が過ごせそう





送り出される玄関。
今回は玄関らしくない玄関を求めて作ってみました。
靴を脱がなくても知人と会話を楽しむのにはちょうど良いスペース。

何かしてくれそう。
何とかしてくれそう。

そんな期待にこたえる設計施工をしたいです^^




t.yokozeki